<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
at that moment 展 終了

 

 

 

名古屋のhaseさんでの展示 

 

[ at that moment ] が無事に終了致しました。

 

名古屋という初めての地での展示でしたが

 

とても嬉しいお言葉や反応を頂き本当に励みになりました。

 

また次の展示に向けての力にして行きたいと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の展示は東京のギャラリーSUになります。

 

ここはやっぱり自分の中でも特別な場所の一つです。

 

良い展示にしたいと思います。

 

 

 

 

 

interior[室内装飾品] 展

 

 

 

 

 

 

 

interior[室内装飾品]

 

interior [室内装飾品]と言う意味ですが

この言葉の様に室内を飾る彫刻やオブジェ・照明器具や家具などの

展示をしようと思います。

interiorとはもともと英語で内面を意味する単語だそうです。

何気なく使っている言葉だけれど、

自分の家や部屋を自分らしく好きに飾ったその空間は

自分の内面の一部を表しているのかもしれないと思いました。

途があるものも無いものも含めて自分を作るのに必要なもの・・・。

今回この場所を飾り、空間を作りそれらを展示したいと思います。

 

2016・10・13(木)〜10・22(土)

11:00−19:00(日曜休廊)

 

ART SPACE 繭

〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-10

TEL 03-3561-8225

http://www.artspace-mayu.com

 

 

 

interior[室内装飾品] 展が間もなくはじまります。

 

2年に一度個展をやらせて頂いている繭さんでの展示です。

 

いつも作りたいもの・思う事・見せたい空気は変わらないので、

 

毎回それほど変わる事はないのですが・・・。

 

今回のテーマは[interior]です。彫刻・オブジェ・家具・小物・植物など

 

お時間ある方は是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アートフェアアジア福岡

 

 

 

 

 

本日からアートフェアアジア福岡2016

 

が福岡県のホテルオークラ福岡で始まっています。

 

アツコバルー arts drinks talk から参加させて頂いております。

 

room 904での展示になります。

 

本日は内覧会で関係者とプレスのみになりますが、

 

明日・明後日は一般公開になりますので、

 

お近くの方やご旅行などで福岡にいらっしゃる方は是非。

 

 

出品作は以前制作した烏賊や下の写真の様な小作品・照明など6点になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、一緒に参加させていただく他の作家さん達は

 

とても素晴らしい方達ばかりなので恐縮ですが一緒に展示させて頂ける機会を

 

得る事が出来て本当に嬉しいです。出来る事なら福岡にも行きたかったですが

 

今回は作品達を送り出しギャラリストにお任せする事にしました。

 

何か新しい事に繋がれば良いなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古家の改装 5

 

 

 

前回の続きです。

 

いよいよ壁の左官です。

 

本当は漆喰や珪藻土等が壁面には良いと思うのですが、

 

質感としてはモルタルの様な感じが好きなのです。

 

ただモルタルは壁に塗るのが難しいので

 

もう少し扱い易い石膏プラスターなるものを使ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

余ってしまうと嫌なので少しづつ練っては塗り練っては塗り・・・。

 

 

 

 

 

 

 

少しコテ跡が付くように粗く塗っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りの作業になってくると少し楽しい感じになってきます。

 

終わればいよいよ塗装です。

 

 

 

 

つづく・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古家の改装 4

 

 

 

前回の続きです。

 

 

ベニヤの継ぎ目をパテで埋めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺の作業は本当に地味です。

 

パテが終わった所でいよいよ壁に移ります。

 

洋室の茶色の壁はこのままにしようか

 

上から漆喰を塗ろうか悩んだのですが、

 

やはり染みなどがひどすぎるので

 

上から漆喰等を塗る事に・・・。

 

しかし、いざ壁をよく見てみると、

 

もはや布だか紙だかよく分からない謎の素材で出来ていて

 

パラパラと落ちてきて漆喰なども密着しなそうなので

 

壁に板を張る事にしました。

 

 

 

 

ラスボードなるモノを貼っていきます。

 

本当はボードを使うのは好きではありません。ボードは安くて加工も楽なので、

 

使いやすいのですが、端材などの残ったごみは産業廃棄物になってしまいます。

 

それが嫌で殆ど使わないのですが、今回は費用を極力抑える為に使う事にしました。

 

 

 

 

 

洋室の壁全てに貼っていきます。

 

 

 

 

 

そして貼り終えるといよいよ壁の左官作業です。

 

 

 

つづく・・・。

 

 

 

 

 

 

古家の改装 3

 

 

 

 

前回の続きです。

 

 

 

天井を剥がしてみると断熱材が入っていませんでした。

 

壁にも入っていないので気休めかもしれませんが一応入れる事にしました。

 

 

 

 

 

 

断熱材を切ってはめ込んで上からベニヤ板を貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井のベニヤ板がほぼ貼り終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

三角の部分にも防水シートをはり断熱材を入れてから塞ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは細かい隙間を埋めていく地味な作業・・・。

 

 

つづく・・・。

 

 

 

 

 

古家の改装 2

 

 

 

 

 

前回の続きです。

 

 

 

 

改装を始めるにあたりぎっしりと詰め込んでいた材料や作品などを

 

移動させないといけなかったのですが外に置く訳にもいかないと思い

 

とりあえずは1階に降ろしてきました。

 

そして、当然1階もモノで溢れているので殆ど入らず

 

奥にも何部屋かあるのですが、ぎゅうぎゅう。1階は身動きが取れない状態・・・。

 

結局は大部分は外に置きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく作業ができる状態になったので

 

シミだらけで腐っている天井を剥がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50年近い間たまり続けた埃が一気に落ちてきます。

 

 

 

 

 

 

ある程度予想はしていましたが、全く断熱材が入っていません。

 

 

 

 

 

 

 

酷暑の中で大量の汗と大量の埃でぐちゃぐちゃになりながら

 

なんとか剥がし終えました。

 

 

 

 

つづく・・・。

 

古家の改装 1

 

 

 

 

ずっと誰も住んでいなくて放置していた2階建ての祖母の家を譲り受けた。

 

 

作業場の隣という事もあり、作品や材料の置き場所として使ってきたけれど

 

 

手入れもせずにいたので凄く傷んできた。

 

 

色々な事情でそのままになっていたけどここで修理も含めて思い切って改装する事にしました。

 

 

ただやはり一人でやるしかないので少しづつです。

 

 

その状況をブログで書いていこうと思います。

 

 

 

まずは外観

 

 

 

敷地が狭すぎて引きでの写真が撮れないのでわかりずらいのですが・・・。

 

 

 

 

 

2階部分は

 

 

 

 

中に入ると2階部分は2部屋あります。6畳くらいの洋室と4.5畳くらいの和室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2部屋とも雨漏りがして天井が腐っています。

 

昔の家という事もあり、天井がとても低いので抜いてしまう事にしました。

 

 

 

 

 

つづく・・・。

 

[この場所に吹く風]展 終了

ギャラリーnoir/NOKTA

での展示が終わりました。

無事に終わってほっとしています。

皆様ありがとうございました。

.

展覧会の情報






インスタグラムやフェイスブックでは告知させて頂きましたが、

改めてブログで書かせていただきます。

現在発売中の雑誌アートコレクターズの

「編集部オススメの立体アーティスト」のコーナーで

展覧会情報を掲載して頂きました。
















9月9日〜11日まで福岡で開催されるART FAIR ASIA / FUKUOKA2016

に[ アツコバルーarts drinks talk ] のブースから参加させて頂く事になりました。




アートという場所での参加は初めてです。

美大などを出ていない自分は大きなコンプレックスがあります。

そして以前のブログで少し触れましたがあクラフトや工芸にも同じくらい

コンプレックスを感じています。

多分カテゴライズされる事が苦手でアートやクラフトと言い切る自信がなく臆病なのだと思います。

なるべく今のままのスタイルを続けて行ければ良いと思っています。




とは言え新しい場所に踏み込む事は緊張もしますが楽しみでもあります。

アートを見に来られた方たちの目に自分の作品がどう映るのかは楽しみです。

これからも色々な場所で色々な事に挑戦出来たらと思います。



まだ少し先のお話ですが、お近くの方やご旅行などに行かれてタイミングの合う方は是非。